シミだけじゃない!紫外線で悪化する首のしわ



首のしわとりクリームランキングナビ
首のしわとりクリームランキングナビ




シミだけじゃない!紫外線で悪化する首のしわ



肌というのは、

真皮層のコラーゲン繊維が

交わるように交差し、

ピンと網目状に張っていることで

張りを保つことができます。


首のしわは紫外線でも悪化する


コラーゲンが減少したり

切れてしまったりすると、


網目がたるんでしまうため

肌を支えることができなくなり、

しわが出来てしまいます。



首の皮膚も同じ構造に

なっていますから、

コラーゲンの状態によって

首のしわが出来る
のですね。





コラーゲンは体内で

合成されるのですが、

コラーゲンの量は年齢とともに

減って
しまいます。



そのため張りがなくなるのは

ある程度しょうがないものの、

さらにコラーゲンが

破壊されてしまうと

より一層しわが悪化して

しまうことになります。







紫外線でしわは深くなる



その原因となるのが紫外線です。


紫外線というと

シミの原因となるメラニン色素を

大量に生成してしまうものという

イメージが強いですが、



実は、紫外線は

コラーゲンにも悪影響を与える
のです。


紫外線


紫外線を浴びてしまうと、

コラーゲンの繊維が切れてしまったり、

コラーゲンを分解する

酵素の働きが活発になったりします。







1年間を通じて紫外線対策を忘れずに



紫外線には、

肌の奥の真皮層まで

届く長い波長を持つUV-A波と、

表皮に影響を与える

短い波長のUV-B波があります。





どちらの波長もコラーゲンに

ダメージを与え
ます。



基本的に紫外線が強くなるのは

春から夏にかけてです。



しかし、UV-A波は

雲やガラスなども通り抜けてしまうため

1年を通して

紫外線対策をしておかないと

肌に悪影響を及ぼします




首は顔と比べると

紫外線が当たりづらい

部分と言えるものの、



アスファルトなどの

照り返しで下から

浴びてしまうことも少なくありません。






紫外線を浴び続けると首のしわが深くなることも



この状態を放っておくと、

顔が紫外線を浴びて老化するように、

首も光老化によって

しわが出来やすく
なります。



さらに、紫外線を浴びると

皮膚を厚くして守ろうとする

防御反応が起きるので、

首にしわが出来ているならば

深く悪化してしまう
のです。





また、紫外線は細胞を

攻撃する活性酸素を発生させます。



これもコラーゲンにダメージを与えて

張りや弾力を

低下させる原因となります。


首のしわを防ぐには日焼け止めは忘れずに


このような紫外線の影響を避けるには、

首にもしっかり

日焼け止めを塗ること




そして秋や冬も

油断しないようにして

首のしわの悪化を防ぎましょう。